多彩な魅力が詰まった街・ひばりが丘に暮らす
アパレル出身の店長が彩る花屋

La vie en fleur(ラ・ヴィー・オンフルール)

“花のある暮らし”をコンセプトに掲げ、日々の暮らしに潤いと安らぎをもたらすヒントを教えてくれるフラワーショップ「La vie en fleur(ラ・ヴィー・オンフルール)」。1999(平成17)年のオープンより、フラワーアレンジメントスクールの運営や出張講座など多彩な活動を通じて花の魅力を提案し続けている地域を代表する名店のひとつだ。

西武池袋線「ひばりヶ丘」駅南口より徒歩3分。2013(平成25)年に移転した現在の店舗は、心地よい緑が生い茂る長いアプローチの奥にある隠れ家のような空間で、駅近とは思えないほどの穏やかな時間が流れている。

お店の外観

アプローチに一歩足を踏み入れた瞬間にも感じることだが、一般的な生花店とは趣が異なり、商品のひとつとして無機的に花が扱われているわけではなく、もっとも美しく花が映えるように、お店という空間そのものがデザインされているのが特徴的だ。

造形的にも美しい花瓶をはじめ、小物やオブジェ、インテリアに至るまで、プロの技と感性が生かされた空間は眺めているだけでも感じることが多い。“花のある暮らし”に共感を覚えた方は、同店2階で行っているフラワーアレンジメントスクールを受講してみるのも良いだろう。

お店の入り口

店舗へ続くアプローチ

花の扱い方やフラワーデザインの基礎を学ぶ全20回の初級者向け「プライマリーコース」をはじめ、店内にある花材を自由に選び個性を生かしたデザインを学ぶ「コーディネーターコース」、ワンランク上のテクニックや季節のアレンジを楽しむ「スタイリッシュコース」と内容も多彩で、少人数のレッスンだからこそ学べることも多いだろう。

奥様の宇野知子氏は著書もある

結婚式場のフローリストとしても活躍していた店主だからこそ提案できる、非日常とワンランク上のセンスを体感できる貴重な学び舎で、花の魅力にあらためて気がつかせてくれる。

フラワーアレンジメントスクールの講師を務めるほか、市民サークルや幼稚園等への出張講座も行う奥様の宇野知子氏は、『花育のすすめ(三省堂)』、『こどもと楽しむ花のある生活(文芸社)』の著者としても知られている。

ひばりが丘エリアに留まらず、他市にある幼稚園からも「花育講座」を希望する声が多く、親子で声をかけ合いながら作品をつくり上げる経験はまさに至福のひとときだろう。

昨今では庭や居宅スペースを活用したガーデニングの相談も多くあるようで、季節のお花を求めてふらっと訪れてみるのも良いだろう。

素敵な人柄の宇野ご夫妻

La vie en fleur(ラ・ヴィー・オンフルール)
所在地:東京都西東京市ひばりが丘1-3-10
電話番号:042-425-7578
営業時間:10:00~20:00(日曜日、祝日は10:30~18:30)
http://www.la-vieen.co.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ