多彩な魅力が詰まった街・ひばりが丘に暮らす
コミュニティマネージャー 妹尾 和矢さん インタビュー

あらたな人のつながりと賑わいをもたらす憩いのカフェスペース「COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)」

再開発により生まれ変わったひばりが丘団地内にお店を構える「COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)」。地域のコミュニティスペースとして整備された「ひばりテラス118」内にあるカフェスペースで、店員とお客様との距離感も近いオープンキッチンが印象的な空間だ。SNS上で大きな反響を呼んでいる、あつあつほわほわの「カステラパンケーキ」を知る人も多く、近隣はもとより全国からもファンが訪れるお店だ。今回はオープニングからコミュニティ・マネージャーとして店舗を運営する妹尾和矢さんに、お店の特色や街とのつながりについてお話を伺った。

「ひばりテラス118」に誕生した注目のカフェスペース

―お店ができた経緯についてお聞かせください

妹尾さん:2015(平成27)年11月にオープンしてから約1年半になりますが、「ひばりテラス118」を運営する「一般社団法人まちにわひばりが丘(以下、まちにわひばりが丘)」さんに声をかけていただいたのがオープンしたきっかけです。「まちにわひばりが丘」は、この「ひばりテラス118」は、もともとひばりが丘団地のテラスハウス118号棟として実際に使われていた場所で、取り壊される予定だった場所をリノベーションして、地域の方々が気軽に集まれるコミュニティセンターとして生まれ変わりました。

「ひばりテラス118」には大小6つのコミュニティスペースやパーソナルスペース、共同菜園、芝生広場もあるのですが、その施設の飲食店として出店させていただくことになりました。当初は私を含め2~3人で焼き菓子やパンを提供するカフェとして運営していたのですが、「カステラパンケーキ」の反響もあり、現在は6名のスタッフで運営しています。

コミュニティ・マネージャー 妹尾和也さん

ひばりテラス118

SNSを中心に評判が広がる「カステラパンケーキ」

―人気メニューの「カステラパンケーキ」とは?

妹尾さん:絵本の中で登場する大きなフライパンで焼いたパンケーキをイメージして商品化したのが「カステラパンケーキ」です。お食事系のメニューも充実させたいと話していたときに、たまたま雑談のなかでパンケーキの話題が挙がり、「じゃあ、やってみようか♪」ということになりました。

はじめはピンときていなかったのですが、子どもにはもちろん、子育てをするお母さん、お父さんにも、世代を超えて親しんで頂けるのではないかと思いました。2016年春に商品として提供をはじめたのですが、SNSを中心に評判が広まり、全国からお客さんが訪れる当店の看板メニューになりました。

カステラパンケーキ

30分間かけて焼き上げるあつあつほわほわのパンケーキ

―作るうえでのこだわりは?

妹尾さん:「カステラパンケーキ」を作るうえで大切にしたのは、“あつあつほわほわ”というフレーズと、絵本のイメージと合致したら良いなという思いで素朴な味にするためのレシピを考えました。またフライパンをデザインの中心において、スキレットで焼き上げたパンケーキをそのまま提供することにしました。隠れメニューとしてしか考えていなかったので、まさか一日に数十個も作るようなメニューになるとは想像もしませんでした。

この一年の間に少しずつレシピを変え、去年の秋頃にようやくレシピが固まったのですが、ワンランク上の薄力粉を使ったり、無塩バターにこだわったりと、とにかく美味しいものを提供したい一心でレシピを考案してきました。高温で30分間かけてじっくり焼き上げる「カステラパンケーキ」は、フワフワ感を残したまましっかりと焼き上げているのが特徴です。

地域のニーズに応じて柔軟に変化し続けるお店のいま

―新たに開発したメニューやお店の現況についてお聞かせください

旬の果物を使ったパフェ

妹尾さん:お食事系のメニューを充実させたりアルコールの提供をはじめたことで、仕事帰りにお父さん世代の方がいらっしゃったり、朝イチで「カステラパンケーキ」をお召し上がりになる方がいらっしゃったりと、最近ではオープン当初よりも幅広いお客様に来て頂けるようになりました。

また近くのマンション住民を対象としたパーティー会場として利用して頂いたこともありました。なかなかあいさつする機会もないマンションの住民同士が、「この街をもっと良くしたい」という想いを共有できる空間としてご利用頂き、徐々にではありますが地域とのつながりも広がってきていると思います。

昨今では近隣の農家さんから声をかけて頂くこともあり、メニューの一部に地元で採れた野菜を使わせて頂くこともあります。ちなみに、新メニューとして今もっともチカラを入れているのが、旬のフルーツをふんだんに使った「パフェ」です。今は季節がらいちごを使っているのですが、夏はメロンや白桃、秋は栗や巨峰を使ったりと、一年を通じて贅沢なパフェを作ってみたいなと考えています。

人のつながりが感じられるあたたかい街、ひばりが丘

―ひばりが丘の街の魅力についてお聞かせください

妹尾さん:私自身も、お店のオープンにともなって近くに引越してきたのですが、いらっしゃるお客様を見ているとおたがいにゆずり合いの気持ちがあったり、ご近所のおじいちゃん、おばあちゃんが小さなお子さんに声をかけたりといった光景もごく自然で、人のつながりが感じられるあたたかい街だなと思います。徒歩圏に住んでいるスタッフもいるのですが、街をもっと良くしたいと考えている地域の人たちとも共感する部分は多いようですし、いずれは地域の方が集まれるお菓子教室を開きたいと考えているスタッフもいるほどです。

間接的ではありますが、スタッフの雇用を増やしたり、お店に来るお客さんが近隣の商店に足を伸ばして買い物やお食事をすることも地域貢献のひとつのあり方かと思うので、まずはこのお店で良い商品をつくって、良いサービスを提供して、良い環境を継続して維持していきたいと思っています。

周辺の街並み

COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)

株式会社WAT
コミュニティ・マネージャー

妹尾和矢 さん
※この情報は2017(平成29)年5月時点のものです。

COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)
所在地:東京都西東京市ひばりが丘3-4-47
電話番号:042-465-1665
営業時間:9:00~19:00(金・土曜日は9:00~20:00)
定休日:火曜日
http://www.commacoffee.jp

詳細地図